2017年のICOを振り返り、2018年のICO市場を予想

2017年 日本の仮想通貨市場の過熱ぶりは異常だった

ここまで、仮想通貨全体の盛り上がりを誰が予想できたでしょうか?

まずは2017年1月1日の価格と、

2017年12月1日の価格を見比べてみましょう。

出典元:コインチェック終値一覧より

ビットコインだけで見てみても、今年の1月1日に11万7千円だった価格が、12月1日には、119万8千円にまでなっています。

たった11ヶ月で10倍以上の価格になっています。

今年の1月の価格をみると、今の価格を知っている私達から見ると、どの仮想通貨も安く感じます。

この結果だけ見ると、専門的なトレード手法などは必要なく、買ったものを保有しているだけで、

かなりの利益を得ることが出来ました。

日本国内2017年後半からの異常な過熱ぶりは2018年はどうなっていくのでしょうか?

今年最後の記事になりますので、

2018年の日本の仮想通貨市場を予想していきましょう。

【2018年予想】日本でICO案件が大量発生

海外でも一時ブームがあったICO(イニシャルコインオファリング)が

日本で大量に発表されると考えます。

ICOについてよく分からない方は、先にこの記事を読んでみて下さい。

ICOってなに?

もうすでに、歌手のGacktが投資家として発表しているICOプロジェクト「SPINDLE」や、

オタク業界向けの「オタクコイン」など様々な案件が発表されています。

なぜ急に国内でこんなにICOを行うプロジェクトが増えたのでしょうか?

それは、ICOの問題点でもあるのですが、

お金が簡単に集まりやすいという点にあると思います。

銀行や、株式発行、社債などに比べると、

資金が集めやすいためICOを行うといった手段となっている現状があります。

詐欺的な案件にも多額の資金が集まってしまう可能性もあります。

ICOの規制

まだ日本では、これからICOに関する法整備などが整ってくると思いますが、

現状でも、ICOを行う場合、仮想通貨交換業として認可されるか、

既存の取引所と協業しない限り、ICOでトークン(仮想通貨)の発行は出来ないと思います。

しかし、それは厳密に考えるとそうなりますが、

何も考えずにプロジェクトが立ち上がり、資金を集めだしたり、

何かしらの法の抜け道を探して、仮想通貨を使って資金を募ろうとするケースが乱立してくると予想できます。

これから立ち上がる多数のICO案件、どう見抜く

まずICOで発行されるトークンは、何かしらのプラットフォーム型仮想通貨を使って発行されるはずです。

そのトークンは、元のプラットフォーム型仮想通貨のブロックチェーン上で、しっかり記録されています。

2018年に、ICO案件が多発するようなことが起きたら、

みなさんに、見極めて欲しいのは、

そのプロジェクトが、ブロックチェーン技術を使って、何がしたいのかを読み取ってほしいです。

中には、ブロックチェーンは全く関係なく、仮想通貨を使ってお金を集めるだけのプロジェクトもあります。

もしみなさんがICO案件に投資するのであれば、そのプロジェクトのホワイトペーパーを

読み、納得するものだけにしてください。

2017年、仮想通貨市場の拡大で、投資の面での利益でしか見ていなかった方も、

年末年始のお時間があるときに、ブロックチェーンの技術的な面にも

目を向けてみてはいかがでしょうか?

Follow me!