コインチェックが、匿名通貨の取り扱いを中止

ネムの保有者には補償が発表され

完全復活は間近といわれているコインチェック社ですが、

あらたに、匿名通貨の取扱いを中止するのではと

公式アナウンスでは、発表にはなっていませんが、

噂されています。

匿名通貨の取り扱い中止で調整中

コインチェックは国内取引所でも

積極的に匿名通貨の取り扱いをしていました。

今回、ネム流失事件で営業が完全に再開していませんが、

匿名通貨の取り扱いを中止することによって調整中との事です。

取扱い中止通貨は

  • ジーキャッシュ
  • モネロ
  • ダッシュ

の三種類です。

この三種類の通貨を扱っていたのは、

国内取引所だとコインチェック社のみとなります。

取引が追えないため

今回、取扱い中止の理由は、

匿名通貨は、ブロックチェーン上の取引自体を

分からなくするアルゴリズムのため、

悪用を防ぐとともに、

日本政府の方針では、匿名通貨は元々懸念されていたため、

コインチェック社としては営業再開に向け、

これら匿名通貨の取り扱いを中止することで、

いち早く、完全な営業再開をしたい考えだと思われます。

コインチェックで匿名通貨保有者への対応

現段階で、コインチェックで今回挙げられている

匿名通貨保有者への対応は発表されていません

おそらく、ネムの時と同じように

一定のレートの価格で買い取りか、

保有者へ取引所からの匿名通貨の出金をアナウンスする形になると思うのですが、

この匿名通貨が今後日本の取引所で

取扱いされるのは難しいと考えたほうが良さそうです。

現時点で保有者はどうしたらいい

3/17の今日現在、コインチェック社から

この匿名通貨の送金は出来ない状態です。

また売ることも出来ません

この匿名通貨保有者は、

コインチェック社にネム流失事件前に

預けていた場合、何もできない状態です。

コインチェック社からの正式なアナウンスを待つしかありません

正式アナウンスが出た後も

売り圧が強く価格が下がることも考えられますが、

ジーキャッシュやモネロは

海外でも人気のある匿名通貨です。

自分のウォレットで管理出来る人は、

保有しておくのもいいかもしれません。