ブロックチェーンとは

近年、仮想通貨の話題を聞かない日はないくらいですから、

よく、最近できた技術と思われがちです。

これらを支えるブロックチェーン技術は実は昔からあるんです。

研究・開発され尽くした技術を、「枯れた技術」といわれ、ブロックチェーン技術は「枯れた技術」になります。

システム開発やセキュリティなどに、この「枯れた技術」を使うのが最も安全だと言われています。

また、ブロックチェーンと聞いて、どのようなイメージが出来るでしょうか?

まさにそのイメージ通りで、取引データをブロックに入れていき、ある一定時間が経つとブロックを閉じ、次のブロックを形成します。

このブロックが一本の鎖のように連なっていくため、ブロックチェーンと言われています。

全ての取引は一本のチェーンのブロックの中に入っています。

このブロックチェーン技術は、電子決済や電子取引とのマッチングが良く、ブロックチェーン技術を用いて2009年に発表された論文がビットコインの始まりとなります。

この論文の中には現状の金融システムの問題や、セキュリティ課題に対しての解決策として金融機関を介さずP2P電子マネー決済において二重支払いの防止や、プルーフ・オブ・ワークにより改ざんされない取引データを証明できる方法論を述べています。

現在、多くの仮想通貨があり、新たな技術も提唱されていますが、このサイトでいう仮想通貨とはビットコインを軸に説明していきます。

ビットコインではない仮想通貨「アルトコイン」は、ビットコインの応用なので、ビットコインを理解すれば、自然と理解できるようになるでしょう。

今、世の中に存在する数多くの仮想通貨もサトシ・ナカモトによって生み出された

「ビットコイン」があったからこそと言えます。