DMMビットコイン

DMMビットコイン

2018年1月よりスタートした仮想通貨取引所、DMMビットコインをご紹介します。

大きな特徴としては、

  1. 取扱い通貨と通貨ペアが変わっている
  2. 問い合わせフォームからの24時間、365日の対応サポート
  3. 経済指標カレンダーがサイトにある

1.は、NEM(ネム)など、国内の取引所で取り扱いが少ないほうの仮想通貨を扱っていたりするのですが、

購入方法に注意が必要です。

現物(現金)で購入できるのは、ビットコインとイーサリアムしかなく、

あとは残りの仮想通貨はレバレッジ(信用)取引だけになることです。

現物で購入した仮想通貨は、自由に外部に送金したり、出来ますが、

レバレッジ取引は、自分の用意した証拠金に倍率をかけて取引を行うため、

外部に仮想通貨を送金することは出来ません

レバレッジ取引は、仮想通貨投資はボラティリティ(価格変動)が大きいため、

本サイトでは初心者の方のレバレッジ取引は推奨していません。

2.の365日、24時間対応してくれるサポートがあるのは利用者の方への安心感があります。

例えば、現物で購入したビットコインをイーサリアムを違う取引所に送ったとして、

ちゃんと送れたか不安になると思います。

特に現在ビットコインでは、ネットワークが混雑しており(トランザクション詰まり)手数料によっては着金確認までかなりの時間がかかります。

イーサリアムも同様です。

慣れている方なら自分のトランザクションをブロックチェーンで確認できるでしょうが、

初心者の方には、最初は難しいと思います。

そのような際、問い合わせにサポートが24時間、365日対応してくれてる安心感は大きいと思います。

3.の経済指標カレンダーが見られるのは、国内仮想通貨取引所の中でもDMMビットコインだけでしょう。

様々なサービスを展開しているDMMビットコインならではと言えますが、

外貨などが変動する要因のイベントが重要度に分けられ確認できます。

このサービスは他取引所にない大きな特徴と言えます。

DMMビットコイン

DMMビットコイン取り扱い銘柄

  • Bit Coin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • Ether Classic(イーサリアムクラシック)
  • NEM(ネム)
  • Ripple(リップル)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

取り扱い通貨は人気な種類を揃えています。

2017年、成長率が大きかったNEM(ネム)やRipple(リップル)を扱っているのが

大きな特徴と言えます。


これより先は、登録手順を説明します。

基本的な流れは公式サイトより

メールアドレスの登録→送られてきたメールのリンクの飛ぶ→パスワード設定→基本情報の入力と本人確認書類の提出→本人確認完了後、ハガキが送られてくる→ハガキに書いてある記号をマイページから入力

と簡単に出来てしまいます。

その流れを詳しく書いていきます。

分からない方は一緒に操作してみて下さい

DMMビットコイン

DMMビットコインの登録手順

DMMビットコインを登録するにあたり必要なものは

  • PCかスマホ
  • 受信できるメールアドレス
  • 本人確認書類に必要な免許証やパスポート

となります。

口座開設をクリックするとこのような画面になります。

 

そうするとメールが送られてきますので、

来たメールのリンクをクリックして下さい。

そしてDMMビットコインのサイトに飛びますのでここでパスワードを設定します。

※パスワードにはアルファベットと半角数字をそれぞれ1文字以上含めてください。

マイページにログインすると画面の左上に、

「本人確認が未登録」となっているはずですのでそちらから個人情報の入力と

本人確認書類の提出を行って下さい。

あとは本人確認書類の確認が取れた順にハガキが送られてきますので、

ハガキに記入してある記号を入力すると、全ての作業が完了となります。

登録手順は以上となります。

お疲れ様でした!

DMMビットコイン