ブロックチェーンを使ったゲームが盛り上がりつつある!!

はじめに

仮想通貨市場は厳しい状況が続きます。

しかし、ブロックチェーン技術を使って盛り上がりをみせる

業界があります。

それは、ゲーム業界です。

初めて聞く方は、

「ゲーム内の通貨にするんでしょ」と

思うかもしれませんが、

そんな単純な話ではありません。

今回は、ゲームでブロックチェーンを体験できるものを

いくつかご紹介します。

Spells Of Genesis

まず、一つ目は「Spells Of Genesis」です。

iPhone、android共にアプリが出ています。

Spells Of Genesis公式サイト

このゲームの特徴はビットコイン上の

XCPで発行しブロックチェーンカードが、ゲーム内で使えることと

ゲーム内で、出てきたカードも四枚揃えると

ブロックチェーン化することができ、

ブロックチェーンカードを手に入れることが出来ます

カードの種類はこちらから確認できます。

https://xcp.cards/sog

強いカードが欲しい方など、

カードを購入する際に必要になるのは「BITCRYSTALS(bcy)」となり、

国内だとZaifでのみ購入することが出来ます。

なんと一番高いサトシカードは、

44,999bcyで売りに出ています。

今のbcy価格で1bcy=31円ですので、

1枚、140万になります。

気になる方はこちらからダウンロードしてみてください!

NovaBlitz

日本語ホワイトペーパー

こちらはNVTというトークンをイーサリアム上で発行している

カードゲームです。

トークンの購入は、

イーサリアムのDEXのイーサデルタで購入することが出来ます

まだ完全にブロックチェーンカードゲームとなっているわけではありませんが、

プレイは出来ます。

アドバイザーにもマジックザギャザイングが開発に携わっており、

非常に面白いです。

こちらもゲームをプレイすることができ、

今後のブロックチェーン化が待ち遠しいプロジェクトになります

クリプトゾンビ

こちらはゲームとは違いますが、

実際にイーサリアムでのスマートコントラクトを学びことが出来ます

https://cryptozombies.io/jp/

自分で手を動かしながら、

イーサリアムのブロックチェーン上で簡単なゲームを作ることが出来ます。

また運営のloomでは、イーサリアムの分散型アプリケーションで、

ゲームをリリース予定です。

Loomトークンについては公式サイトをご覧ください。

Loomネットワーク公式

おわりに

ブロックチェーンを利用したゲームが、

多く出てきていますが、

今、日本国内居住者の方は、法整備が進んでおり

このようなゲームのトークンも運営が仮想通貨交換業の資格がないと

購入も出来なくなる可能性がありそうです

しかし、ゲームとブロックチェーンの相性はよく

今年は、ブロックチェーンを利用したゲームが盛り上がりを見せることでしょう