Zaif


Zaif

2017年12月22日 追記
zaifの登録に戸惑う方が多いようで、 zaifの登録手順の詳細記事を付け加えました。

登録手順の詳細記事はこちら

【要注意】利用規約と重要事項説明をクリックして読み終わらないと、チェックボックスが有効にならず、先の手順に進めない方が多くいらっしゃいました。


仮想通貨取引所の中でもメジャーなZaif(ザイフ)についてご紹介します。

最初に、Zaif(ザイフ)で口座開設をしなかった人でも、あとから必ず口座を作ると言われています。

その理由は、

  1. コインチェックに扱っていない通貨がある
  2. アルトコインの指値注文が出来る

1.は取引を始めたら段々と分かってきますが、Zaifはトークン系の通貨を始め、

国産暗号通貨のMONAコインを扱っています。

主要な暗号通貨はどこの取引所も扱っていますが、

ICO案件やトークン系の暗号通貨も多く扱っています。

そのため、トークン系の暗号通貨や、MONAコインを買うためだけに、

Zaifに口座を作ったという方も少なくありません。

2.のアルトコインの指値注文が出来るのは、非常におすすめできるポイントです。

指値注文とは、気配値を読み、いくらでどのくらい買いたいと注文できることです。

コインチェックなど多くの取引所は、ビットコインしか指値注文が出来ません

ビットコイン以外のアルトコインを購入したい方は、コインチェックなどの取引所では、

他の手数料も含め、少し割高になることがあります。

Zaifでは、すべての取り扱い通貨が指値注文できるのと、

アルトコイン購入にかかる手数料も他取引所と比べ低いので、

ビットコイン以外の通貨が欲しいという方は、

口座を作るべき取引所といえるでしょう。

 

Zaifのドル・コスト平均法で

投資が出来るコイン積立の紹介記事はこちら

Zaif(ザイフ)取り扱い銘柄

主要暗号通貨

  • Bit Coin(ビットコイン)
  • Ethereum(イーサリアム)
  • NEM
  • MONAコイン
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

トークン系

  • ZAIFトークン
  • XCP(カウンターパーティ)
  • BCY
  • SJCS
  • FSCC
  • PEPECASH
  • CICC
  • NCXC

主要な取り扱い通貨の特徴としてはMONAコインを扱っていることでしょう。

現在、他取引所でもMONAコインは扱っていますが、国内ではZaifが一番はじめにMONAコインを扱い始めました。

後はZAIFトークンなどはNEMのプラットフォームを使ったトークンで、

NEMの公式HPでもZaifの運営会社のテックビューロ社が紹介されています。

取引所としてNEM推しな印象も受けますね。

Zaif


これより先は、登録の仕方を説明します。

登録の仕方でZaifは難しいことはなく、どなたでも簡単に口座開設できるでしょう。

本人確認書類のアップロードが終われば、ハガキが来るのを待つだけとなりますが、

ハガキの到着期間は人によってバラバラで一週間くらいかかったケースもあります。

Zaif(ザイフ)の登録手順

Zaifに口座を解説するにあたり準備するものは

  • PCかスマホ
  • メールアドレスかGoogle+アカウント

で登録できます。

新規ユーザー登録からメールアドレスを入力し、

メールが来たら、そのリンクからパスワードと個人情報を入力して、

登録完了となります。

続いて、本人確認書類のアップロードが完了すると登録先住所にハガキが来ますので、

受け取ったハガキに記載の番号を入力してすべての機能が使えるようになります。

 

簡単に一通りの作業は完了すると思います。

一点注意なのは、口座開設から一週間が経過するまで、出金制限がありますので、

購入した暗号通貨を、外部ウォレットにすぐ移したい方は、待つ必要があります。

ここまで読んで頂いて、Zaifに口座を持ちたいと思われた方は、

是非、下のリンクからご登録お願いします。

Zaif